技術のご紹介

技術のご紹介

このブログを購読する

IT開発センターBlog

ALLインクレ日誌ITニュース製品応用事例技術Tips技術リリース

スマートフォンアプリ開発の取り組みなど

こんにちは、IRDの粟野です。

2014年4月18日久しぶりの更新ですが、今回はインクレイブのアプリ開発についての取り組みをご紹介したいと思います。

インクレイブでは、スマートフォンやタブレット上で動作するWEBアプリケーションの開発を受託業務を通じて、比較的早い段階から取り組んできました。
それらの仕事実績もあり、アプリの開発を比較的スムーズに始めることができました。

スマートフォンアプリの作り方は大きく3つに分類できますのでそれぞれ簡単に説明したいと思います。

[ネイティブアプリ]
利用言語 :Objective-C、Javaなど
利点 :スマートフォンのデバイス(カメラ機能、GPS機能など)へのアクセスが容易で、アプリも高速に動作させることが可能
デメリット:iOS、Androidなど、OS毎の開発が必要であり、開発コストが高く、メンテナンスも複雑になりやすい

[ウェブアプリ]
利用言語 :HTML5、CSS3、JavaScriptなど
利点 :ブラウザで動作するためプラットフォームを問わない。開発コストを抑えることができ、メンテナンス性も高い
デメリット:デバイスへのアクセスが制限され、ネイティブに比べアプリの動作が低速。ストアでの提供ができない。オフラインで利用することができない

[ハイブリッドアプリ]
利用言語 :HTML5、CSS3、JavaScript、Objective-C、Javaなど
利点 :動作部をネイティブ、表示(操作)部をウェブという構成で開発できるため良いとこ取りの開発が可能。デバイスへのアクセスの自由度をも高く、アプリもウェブに比べ高速に動作させることが可能
デメリット:デバイスの機能へのアクセスに一部制限がある。ネイティブと比べて動作が遅く、オフラインでの利用が難しい

これまでインクレイブではウェブアプリを中心に取り組んできましたが、とある案件においてお客様より求められる動作スピード要件をクリアするには、数値的にも利用感的にもウェブアプリでの実現が難しいという課題に直面した事がありました。
これをきっかけに、お客様のご要望に合わせ、動作スピードが必要な場合やデバイスへのアプローチが必要な場合はネイティブアプリ、メンテナンス性や開発コストを抑えたい場合はウェブアプリと、ご要望に合わせた形での提供が可能な開発体制の準備をおこなってきました。

いまでは、GPSと地図を使ったジオメディアアプリの開発や、データベースやクラウドと連携しWebでもアプリでも同じ情報を活用できるようなシステムの構築など、着々と技術の蓄積を行っています。

また、アプリ開発過程において作成した様々な機能をモジュール化し、再利用可能な形にしておりますので、アプリ開発のご要望などありましたらお気軽にお声がけください。

PAGE TOP

サーバ運用技術

こんにちは、IRDの粟野です。

2013年9月11日今回は、インクレイブのインフラ技術についてふれてみたいと思います。

インクレイブでは、お客様から受託を請け負うと共に、そのバックエンドにあるサーバやネットワークの設計から構築、運用まで任せていただける業務も多くあります。
一旦稼働してしまえば、24時間365日休むこと無く動き続けるのがWEBシステムですので、「設定しただけ」「設置しただけ」では、長期間安定的にサービスを提供していくことは難しく、日常的なモニタリングや定期的なメンテナンス、負荷状況に合わせたチューニングが必要になってきます。

お客様のサービスの特性を理解し、最適な運用環境を提供するために、「モニタリング」「メンテナンス」「チューニング」というサービスを通して、その安定運用を支えていく事は、長年インクレイブが製品と受託という2つのレーンの中で培ってきた実績による、インクレイブの得意とする分野になります。

▼サーバの監視業務とは
インクレイブのサーバは全て、負荷監視、ディスク容量監視、死活監視を行い、トラブルの発生を未然に防ぐ体制を標準機能として設定しています。
しかし、このような監視体制でも、突然のアクセス増加や上位ネットワークのトラブルなどにより、サーバやネットワークの動作が不安定になることがあります。
不具合を検知した場合、弊社エンジニアにより、障害の原因を特定するための切り分け作業から、実際の問題点の洗い出し、そしてその問題を解決するための対応までを行っていきます。

▼より安定したサービスを実現するために
インクレイブでは、お客様に提供するサービスの安定稼働のために、障害時の対応は勿論のこと、24時間365日体制で監視業務を続けております。
また、サーバ構成の定期的な見直しやスペックアップ、障害時の自動復旧システムの導入等もおこなっており、更なるサービスの安定稼働をはかっております。

このように、サーバの設計から構築、その後の安定的な運用や専門エンジニアによるコンサルティング等、お客様がWebサービスで実現したいこと全てをワンストップで提供できますので、何か気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい。

PAGE TOP

インクレイブR&D、スタート!

インクレイブR&D株式会社

みなさんこんにちは、丸山です。

申し訳ありません、随分と間があいてしまいました。

この度、インクレイブはICT技術に関わる研究・開発の事業分野に特化したインクレイブR&D株式会社(IRD)を設立いたしました。

▼参考記事
役員人事及び新会社設立のお知らせ
ヨシオトオルが行く – 新会社設立のご案内

IRDではこれまでにこのブログで取り上げさせていただいたような技術的な内容はもちろん、ソフトウェアだけではなく、ハードウェアやデザインも含めて取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします。

IRDの活動予定のうち、今年の6月までには下記の製品を開発、リリースしていく予定です。

・ホームページ制作サービス
・クラウドホスティングサービス
・マルチデバイス向けメール配信サービス
・XMAP(クロスマップ)
・行政向けメール配信サービス
・お知らせCMS

製品の詳細は決まり次第ブログなどを通してお知らせいたします。

それでは、今後ともインクレイブ株式会社とインクレイブR&D株式会社をよろしくお願いいたします。

PAGE TOP